20代女性が副業で月10万円を自宅で安全に稼いでいる方法!

お小遣いを増やしたいという彼女に副業を教えたら月10万稼ぐまでに。服や化粧品、美味しいご飯をがまんすることは辞めたそうです。

ブログ

記事はオリジナルじゃなくていい!ネタ・切り口がかぶっても大丈夫!

スポンサーリンク

 

なかなかオリジナルの記事が書けないんだよねー
検索すると、似たような記事いっぱいあるし。。

彼女は、今まで世に出ていない100%オリジナルの記事を書こうとがんばっていました。

 

気持ちはわかります。
ただ、100%オリジナルにする必要はありません。

似たような記事がたくさんあっても、気にせず、どんどん書いていきましょう!

 

 

記事は100%オリジナルじゃなくていい

ブログを立ち上げるからには、今までにない私独自の記事を書こう!

その意気込みは大事です。
他にないあなたオリジナルの記事があったほうが、たしかにアクセスは集まりやすくなります。

 

ただ、完全にオリジナルである必要はありません。
あなたが言わんとしていることは、多かれ少なかれ、他の誰かも似たようなことを言っています。

 

例えば、この記事。

副業は不労所得を!時給制のアルバイト・肉体労働の限界とは?

 

時給制のアルバイトや肉体労働は辞めて、不労所得を得よう!という記事です。

「時給制より不労所得」という点だけであれば、他にも腐るほど記事があります。
グーグルで「不労所得」と検索すると、2370000件の記事がヒットします。
200万越えです。

 

こんなに記事があるなら、書くの辞めよう。
みんなが書いてないような記事が他にあるはず!

そう思って、ボツネタにしてしまうのは簡単です。

そして、次のネタを探しては、他で書かれてるからとボツにする。
あ、これもある。どうしよ、私にしか書けない記事はないの?
やっぱりブログを作るなんて、私には向いてなかったんだ。。

 

これが一番ダメなパターンですね。
オリジナルを求めるあまり、何もせずに終わってしまいます

 

ネタがかぶっても大丈夫!

似たような記事はあっても、全く同じではないですよね?

 

例えば、同じリンゴを誰かに伝えるとき、あなたと私では、表現が変わってくるはずです。
まったく同じ文章になることは、ありえません

人によっては、いかに赤かったか、色を強調するかもしれません。
いやいや、あの丸さがいいんだと、形を褒め称えるかもしれません。
リンゴを収穫するまで、どれだけ丁寧に育てられたか、農家さんに想いをはせる人もいるでしょう。

 

さきほどの不労所得の記事も同じです。

自分の実体験を交えながら、いかに不労所得がすばらしいか記事にしたり、
中立な立場で、時給制vs不労所得を統計学的に論じたり、
不労所得を夢見て、不労所得を得たらやりたいことを語ったり、

 

人によって伝え方は、ばらばらです。
そこが、文章のおもしろいところでもあります。

 

どう伝えるかを、「切り口」といいます。

同じリンゴでも、どの側面を切り取るかによって、伝え方は変わってきましたよね。
色を切り口にしたり、形を切り口にしたり、農家さんを切り口にしたり。

ネタがかぶっても、切り口が異なれば、まったく違う記事になります

 

他の人が同じネタで書いていたとしても、諦めずに、違う切り口はないか探してみましょう!
切り口は無限にありますよ。

 

 

ちなみに、切り口を考えるときに有効なのが、ターゲットを具体的に決めることです。
相手の知りたいことがわかれば、あとはそれに答える切り口を用意してあげればいいだけです。

ターゲットの詳細はこちらの記事で紹介しています。

ブログネタの探し方!ターゲットを○○にすれば記事は書ける!

 

 

スポンサーリンク

他のブログの切り口を参考にしよう!

他のブログとネタや切り口がかぶっていないか、しらみつぶしに調べる必要はありません。
調べた結果かぶっていたとしても、あなたも記事にすりゃいいだけです。

 

ただ、他の記事を参考にするために調査するのは、大賛成です

特に最初のうちは、他のブログを読んで、記事の書きっぷりを参考にしましょう。
いい記事を書くには、いい記事を読むのが一番の近道です。

調査方法は簡単です。

①あなたが書こうとしているネタのキーワードをグーグルで検索します。

②検索結果に表示された記事Top10を読んで、どんな切り口で書いているか確認します。

 

これだけです。
11位以下は読まなくていいです。
慣れてきたら、上位10記事から減らしてもいいです。

 

キーワードで検索しているので、同じような内容の記事が検索結果に表示されます。
それを順に読んでいると、同じようなことを言っていることに気づくはずです。

そして、その中から「つい続きを読みたくなる」切り口を探しましょう。
読みたくなる切り口が、いい切り口です。
いい切り口は、参考にしてください。

 

それと、もうひとつ。

上位10個の記事には「書かれていない」切り口も意識しましょう。
あなたが書こうと思っていた切り口がなかったらしめたものです。
そこにオリジナル性を出すことができます。

もしかしたら、11位以下には、あなたと同じ切り口の記事があるかもしれません。
ただ、Top10以外あまり読まれることがないので、心配しなくて大丈夫です。

 

 

「あなた」は絶対かぶらない

ネタもかぶってるし、新しい切り口も思いつかない!!

 

それでも、大丈夫です。
まったく問題ありません

さきほども言ったように、同じ文章になることはありえません。

同じ切り口だとしても、人によってニュアンスが変わってきます。
実体験などの具体例も違うでしょう。
考え方なんて、同じはずがありません。

 

ということは、

記事のネタに関連した実体験があるなら、積極的に書いていきましょう。
実体験がないなら、あなたの考え、意見を交えて書きましょう

そうすれば、ネタや切り口がかぶろうと、記事がかぶることはありません。

 

そして、学校のテストじゃないので、どっちが正解ということもありません。

ただ、先に記事にしたか、後に記事にしたかの違いです。
別に「先に記事にした人が勝ち」なんてルールもありません。

 

さあ、もうオリジナル性に悩むことはありません。

ネタがかぶろうが、切り口がかぶろうが、あなた書いた時点でオリジナルになっています。
気にせず、どんどん執筆しましょう!

 

もちろん、他の記事のコピペは厳禁ですよ。
グーグルは、コピペに厳しいですからね。

 

 

まとめ

どうでしょう?
記事を書こうという気になりましたでしょうか?

実は、私もいろいろ理由をつけては、記事を書くことを後回しにしていました。
オリジナル性もその理由のひとつです。
なので、今回の記事は私の考え、実体験を交えて、昔の自分をターゲットに書いたようなものです。
(ターゲットの記事を読んでくれた人はわかってくれるかな)

 

100%オリジナルである必要ななく、他の記事とネタがかぶっても問題ありません。

ネタがかぶっても切り口が変われば、まったく違う記事になります。

「あなた」の実体験や考えを書けば、それだけでオリジナルです。

検索結果のTop10を調査し、いい切り口は参考にしましょう。

 

この記事を読んでどう思いましたか?是非、あなたの感想を聞かせてください。
質問、相談など、なんでもお答えします。

遠慮なく、こちらからメールを送ってくださいね!

スポンサーリンク

-ブログ